ヘッダー画像

自賠責保険とは

自賠責保険は、俗に「強制保険」とも呼ばれ、自動車やバイクを運転する時に、法律で加入することが義務付けられている(強制されている)保険なんです。


自賠責保険は、「自動車損害賠償保障法」という法律があり、その中で加入が義務付けられている、自動車やバイクの保険です。

正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。

事故が起こった場合、被害者の救済が目的の保険となり、最低限の補償は、自賠責保険から受けることができるんです。


損害保険会社が取り扱う「自賠責保険」のほかにも、全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」というものがありますが、基本的に、同じ内容です。


自賠責保険に加入しなかったらどうなるのか。

自賠責保険は、上記での記述したように、法律で義務付けられた保険です。

未加入の場合には罰則があります。

また、加入していても、自賠責保険証明書を携帯しなければ、罰せられます。

250cc以下のバイクは、ナンバープレートに自賠責保険のステッカーを貼るなど、きまりがあります。


罰則として、未加入であれば、1年以下の懲役または50万円以下の罰金。

免許停止処分(原点6点)が下されます。

証明書不携帯の場合は、30万円以下の罰金です。

十分に気をつけましょう。